30代男性私服といえば、タイムスリップオジサン警報!

30代男性私服の着こなしをもっとみてみる

 

30代男性私服といえば、タイムスリップオジサン警報!

 

30代男性私服といえば、年相応に大人のカッコよさが出せるか、失敗して一気にダサいオジサンに見えてしまうか一番危険な年代。自分が10〜20代の頃に流行っていた服をそのまま着ているような人、結構多いです。ファッションの時代が止まってると感じると「あれ、昔流行ってたよな〜」と、逆に着ている人のオジサンっぽさを際立たせてしまうんですね。ビジュアル系が流行ったときみたいな、ゴシック調プリントTシャツにごついシルバーアクセサリーやウォレットチェーンとか。特にウォレットチェーンはヤンキーっぽい、もしくは中学生っぽいイメージで本当に女性ウケが悪いので、大人の域に達している30代男性私服にはふさわしくありません。

 

30代男性私服としてパンツのシルエットも最近の主流はスリムシルエットなのに、やたらだぼっとしたチノパンやダメージジーンズを履いていたりすると、ダサさ倍増!チャラいイメージの、つま先が反り上がったとんがりシューズもNG。20代のホストみたいで痛々しいです。かつてのスニーカーブームの頃のように履きつぶしてボロボロではなく、汚れていないスニーカーや綺麗に磨かれたブーツだと好感度アップ!足元がだらしないと、その人自身もだらしなく見えちゃうんですよね〜。大人の30代男性に必要なのは、落ち着いた雰囲気と清潔感。シンプルだけど上質なカットソーや肩幅のきちんと合ったシャツ、それに脚のラインが綺麗に見えるスリムパンツ。腰回りが適度にフィットしたものを選ぶと良いですよ。全身ガチガチに流行を抑えようとしなくても、パンツを変えるだけでもガラッと変わります。そして手入れされた綺麗な靴。これだけで30代男性私服がグッっと素敵に見えちゃいます。30代男性私服として清潔感のある服装が嫌いな印象を持つ人はそうそう居ませんから、まずはそこをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

モテるメンズが愛用しているスプートニクスを見てみる